セフレとの関係はゲーム

実際のところ、セフレとの関係をゲームのように考えているという人も少なくありません。
セフレとの関係というのは、割り切りであり、性欲やストレスを発散するために構築される関係になっています。
ですから、別にいつ終わっても不思議ではありません。

また、どちらかがセフレの関係以上を望んだり、束縛をしてくるようであれば、関係は終了となります。
セフレは快楽を前提にした関係になっているわけですから、セフレではなく恋人になりたいと思うようになった時点で、今の関係を持続させるというのは非常に難しくなってしまうのです。
片方でも、セフレ以上になりたいと思っていない場合、関係がこじれてしまう可能性が高くなるわけですから、関係を清算させるようにしなくてはなりません。
ですから、その時点でゲーム終了になるわけです。
ゲームのようにセフレとの関係を考えることによって、相手に対して余計な感情移入をするということもありません。
セフレとの関係をこじれさせたくないのであれば、ゲームだと割り切るようにすることが大切です。

セフレとの関係を長く楽しみたい

セフレを作ることができて、実際に会うことができれば、ホテルなどに移動をしてセックスをすることになります。
ですが、セックスをすることができたからといって、そこでちゃんとケアをしておかなくては、二度とその相手と会うことができない可能性が高くなってしまいます。
苦労してセフレを作ることができたのに、もう会うことができなくなってしまったら、また一から相手を探すようにしなくてはなりません。
長くセフレと関係を保ちたいと思っているのであれば、頻繁に会わないようにしたり、相手に刺激を与えるようにしなくてはなりません。
適当にセックスをしてそのまま帰ってしまうと、相手は満足をすることはありません。
ですから、すぐに他の相手とセフレになろうと考えてしまいます。

なので、ワンパターンのセックスをするのではなく、たまには趣向を変えるようにしたりすることによて、今までとは違う刺激を感じるようになりますから、相手があなたに飽きてしまうということを防ぎやすくすることができます。
また、セックスが終わった後も、すぐに帰るのではなく、ある程度のコミュニケーションが必要でしょう。
また、毎日のように会ってセックスをしたいと考える人もいるかもしれませんが、これでは相手が飽きてしまったり、疲れてしまったりします。
ですから、1人のセフレに対して2週間に1度のペースくらいで会うようにしたほうがいいでしょう。

セフレの関係を理解していますか?

セフレというのは、どんな関係なのかを理解しておかなくては、思わぬトラブルになってしまうことだってあるかもしれません。
例えば、貴方は付き合っていると思っているとしても、1週間に1度会うか会わないかで、短時間だけしか会わない。
しかもエッチをしただけですぐに帰ってしまう。

これでは、周りの人から見れば、恋人ではなくセフレの関係になってしまっていると勘違いされても仕方がないでしょう。
セフレを作りたいと思った場合、自分の身の回りの人に異性を紹介してもらって、セフレになると、後々、人間関係でトラブルになる可能性もあります。
ですから、紹介をしてもらうよりも、セフレサイトや出会い系サイトなどといったネットサービスを利用してセフレを探すようにしたほうがいいでしょう。
トラブルを回避しやすくすることができるようになるだけではなく、色々な人とセフレになれるチャンスを得られるようになります。
ただし、セフレサイトの場合は、既婚者の人も大勢利用していますし、割り切りの関係を望んでいますから、相手を本気で好きになるということはしないようにしてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ